野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(463)

野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(463)

課題番号1995004725
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題北方系森林の高度に自然力を活用した管理技術の確立
大課題北方系森林の生物被害回避及び生物管理技術の改善
中課題森林病害回避技術の改善
小課題野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(463)
摘要各地の野鼠食害木から分離された腐朽菌は、菌そうの生長速度や色調・性状、菌糸のクランプの有無、laccaseとtylosinaseの有無などから、257種類のグループに分けられた。既知の文献によってこれらの同定を試みたが、分離された腐朽菌のうち同定できたのはカイメンタケのみで、他はこれに該当するものがなかった。優占種は特になく、2カ所以上の採取地に共通してみられた腐朽菌は26種類に過ぎなかった。そのうちの23種類の腐朽菌について、カラマツとシラカンバの両材片を用い、重量減少率による腐朽力試験を行なった結果、最も減少率が大きかったのは分離株AB−14で、ついでNS−6,WZ−18(カイメンタケ)、HD−22の順であった。大部分の菌は、カラマツ材片よりシラカンバ材片で重量減少率が大きかった。特にNS−24,WZ−11はカラマツ材片での減少率が低く、これらは本来針葉樹の腐朽菌でないことが示唆された。逆にAG−5はカラマツ材片のみに重量の減少が見られた。以上の結果から、野鼠食害痕に起因する腐朽には、非常に雑多な腐朽菌が関与していることが明らかにされた。今後、腐朽・変色材の元素分析のためにエネルギー分散型X線分析装置が必要である。
研究分担北海道・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047453
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat