カラマツ根株腐朽病の被害実態と土壌条件の解析(516)

カラマツ根株腐朽病の被害実態と土壌条件の解析(516)

課題番号1995004789
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H01〜H08
年度1995
研究問題多雪・寒冷地帯の森林保全技術及び林業経営技術の体系化
大課題多雪・寒冷地帯の森林・林業経営技術の高度化
中課題長伐期良質材生産技術の改善
小課題カラマツ根株腐朽病の被害実態と土壌条件の解析(516)
摘要カラマツ根株腐朽病のハナビラタケ・カイメンタケ両菌の様々な培地上での菌糸成長を調べた。両菌の菌糸成長は、天然培地の方が合成培地よりよく、合成培地ではHopkins培地での成長が比較的良好であった。Hopkins培地を用い窒素源・炭素源を変え菌糸成長を調べた。炭素源は両菌とも麦芽糖をよく利用した。窒素源ではカイメンタケは硝酸カリウムを、ハナビラタケは硝酸アンモニウムを最もよく利用したが、両菌とも有機化合物の窒素源では発育が悪く、尿素では全く発育しなかった。またハナビラタケはpH3〜9で、カイメンタケはpH2〜8の範囲で発育し、前者は強アルカリ性側で、後者は強酸性側でも発育することがわかった。
研究分担東北・樹病研土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047517
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat