林業生産及び林産物流通構造の解明と産地化(527)

林業生産及び林産物流通構造の解明と産地化(527)

課題番号1995004804
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H02〜H11
年度1995
研究問題多雪・寒冷地帯の森林保全技術及び林業経営技術の体系化
大課題多雪・寒冷地帯の森林・林業経営技術の高度化
中課題地域林業計画手法の開発
小課題林業生産及び林産物流通構造の解明と産地化(527)
摘要1)東北地域のスギ製材工場を5つに類型化し、どのタイプの工場が将来の国産材産地形成に係わって重要なのかを考察した。その際、国産材時代を先取りしている南九州の動向と東北地域の外材製材の動向をたえず視野に入れて比較考察した。2)北上山系を中心とした広葉樹利用の実態調査(チップ製造、木工、薪炭)を行い、現在の問題と今後の課題を考察した。その結果、3)東北地域の製材として有望なのは、今後、スギ中目材が相当増えることを考えると、気仙・くりこま型製材(構造材と羽柄材生産)であることが判明した。4)国内産チップの不振に代わるものとしての広葉樹の有効利用のためには、地元の林業・木材業者の連携及び協同化による新たな製品開発と販売が有効性をもつことが明かになった。
研究分担東北・経営研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047532
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat