都市域林の鳥獣相の把握(539)

都市域林の鳥獣相の把握(539)

課題番号1995004816
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H06
年度1995
研究問題首都圏周辺・山地帯・高海抜地域の森林管理技術の高度化
大課題首都圏周辺及び山地帯の森林管理技術の向上
中課題首都圏地域の島状森林生態系の保全及び教育的活用技術の高度化
小課題都市域林の鳥獣相の把握(539)
摘要森林総合研究所多摩試験地において、1)巣箱での繁殖調査、2)標識調査の2項目を実施した。1)巣箱を利用した種類はシジュウカラで、産卵箱数69(544卵)・孵化箱数45(373羽)・巣立箱数20(167羽)であった。産卵から巣立ちまでの減少はヘビ(アオダイショウ)の食害、人のいたずら等であった。そのほかスズメバチの営巣、クロアリ、カマドウマ等が利用した。シジュウカラが営巣する場所は林内でも比較的明るい場所であった。また都市近郊林でのシジュウカラの平均初卵日は4月10、4日であつあ。2)試験地内に飛来する鳥類を捕獲し、標識を付けて放鳥、回収、個体観察によつて移動、分散、寿命、帰巣性等が明らかになるもので、毎年秋と、春の2回実施、シジュウカラ、ウグイス、アオジ、カシラダカ等総数283羽に標識した。(3−3−1)
研究分担多摩(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047544
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat