サクラならたけ病と材質腐朽病の発生生態と防除(571)

サクラならたけ病と材質腐朽病の発生生態と防除(571)

課題番号1995004848
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H09
年度1995
研究問題首都圏周辺・山地帯・高海抜地域の森林管理技術の高度化
大課題関東・中部地域における病虫獣管理技術の高度化
中課題森林病虫獣管理技術の開発
小課題サクラならたけ病と材質腐朽病の発生生態と防除(571)
摘要腐朽菌の侵入門戸の可能性があるサクラの枝枯性病害の原因を明らかにする目的で、つくば市およびその周辺のサクラ植栽地の枝枯性病害被害木から分離した主要菌の接種試験を行った。接種した菌はMacrophomasp.3菌株、Phomopsis sp.4菌株、Cryptosporiopsis sp.2菌株である。接種の2カ月後および6カ月後に接種枝を採取し菌の再分離、病斑の拡大状況調査、病斑の解剖観察を行った。Phomopsis sp.の2菌株、Cryptosporiopsis sp.の1菌株接種で病斑が比較的拡大したが、Macrophoma sp.接種では病斑の拡大はほとんどなかった。被圧された枝では病斑の拡大が大きく、いくつかの菌株接種で材変色が生じ、また巻込みはほとんど起こらなかった。(3−1−2)
研究分担森林生物・腐朽研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat