竹林・竹材害虫の生態とその防除法の確立(579)

竹林・竹材害虫の生態とその防除法の確立(579)

課題番号1995004856
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完S60〜H06
年度1995
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題風致林・都市近郊林を中心とする森林の機能解明
中課題風致林・都市近郊林生態系の機能解明
小課題竹林・竹材害虫の生態とその防除法の確立(579)
摘要本課題では、竹林、および竹材と昆虫類との関係の解明をめざした研究、および経済的な損害をもたらす害虫の防除法の検討を行った。防除法の検討は、ベニカミキリ(60〜2)とタケトラカミキリ(3〜4)を対象とし、とくにタケトラカミキリでは加圧注入型の防虫剤の有効性が実証できた。6年度は竹林の土壌小型節足動物相のサンプリングを行った。土壌動物全体の個体数は近隣の常緑広葉樹林ぶ比べ少なかったが、出現群数はわずかながら高く、土壌動物からみる限り、竹林は意外に多様性が高いといえる。また、ササラダニは竹林の方が多く、リターの分解をササラダニにより強く依存する傾向があるといえた。
研究分担関西・昆虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047584
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat