非生物的因子による傷害樹脂道形成機構の解明(606)

非生物的因子による傷害樹脂道形成機構の解明(606)

課題番号1995004887
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題多様な保続的林業経営と施業技術の体系化
中課題森林の生物害管理技術の高度化
小課題非生物的因子による傷害樹脂道形成機構の解明(606)
摘要3カ月に一度、2本のヒノキ樹幹に木部に達する傷を7個ずつ与え、1週間ごとに1ヶ月間および2ヶ月後に傷害部から組織を採取して、解剖学的手法により師部内への傷害樹脂道形成過程を追跡した。まず、師部の軸方向柔細胞が肥大し、核が大きくなる。柔細胞は水平面で数回細胞分裂し、さらに接線面で分裂して細胞間が剥離する。細胞間隙が拡大して樹脂道内腔となる。やがて柔細胞内にナイルブルーで赤紫色を示す液胞が多数出現する(樹脂の前駆体)。その後エピセリウムから樹脂の分泌が開始する。樹脂道完成に要する時間は6月1日付傷の場合約3週間、8月30日の場合4週間であった。形成範囲は傷の両側にそれぞれ20〜25mm程度であり、個体差が大きかった。
研究分担関西・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047615
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat