林業経営管理手法の体系化(613)

林業経営管理手法の体系化(613)

課題番号1995004895
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1995
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題多様な保続的林業経営と施業技術の体系化
中課題保続的林業経営方式の体系化
小課題林業経営管理手法の体系化(613)
摘要近年の林業経営変容の実態を探るため、京都府京北町(先発林業地)を対象に農林業センサスの分析、ならびに長伐期大径材生産を主体とした大規模林業経営(I家/所有森林面積320ha)についての基礎的調査を行った。後者からは、次の点が明らかとなった。I氏のような長伐期大規模経営を持続させる上で最大の問題は、相続税支払問題である。伐期100年経営の場合には、3回ほどの相続に突き当たるが、長伐期を基本とした保続経営の場合、現在の木材市場条件下では、林業収入からの相続税稔出が困難なため、林業外収入確保に向かわざるをえない(林業離れ)。大規模経営において森林資源の保続性−林業経営の持続性を維持する上で、相続税問題が最大のネックとなっていることが摘出された。
研究分担関西・経営研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047623
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat