林業経営管理主体の育成(617)

林業経営管理主体の育成(617)

課題番号1995004899
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1995
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題多様な保続的林業経営と施業技術の体系化
中課題保続的林業経営方式の体系化
小課題林業経営管理主体の育成(617)
摘要「国産材時代」の構築に向けた、ニーズ対応型の木材供給システムのあり方を探るため、近年急増しているプレカット工場について基礎的調査を行った。その結果、次の点が明らかとなった。平成期に入り、CAD/CAMシステムを備えたプレカット工場が飛躍的に増加し、その工場数割合は全体(約640工場)の7割強と推定される(平成6)。近年では、ハウスメーカー直営ないし専属のプレカット工場以外に、木材流通業(卸小売業、建材業、木材市場、木材関連業協組等)が経営する工場が増加しており、彼らの販売先である、大工・工務店でのプレカット材使用が増えつつある。平成6年に建築された木造住宅のおよそ4分の1に、機械プレカット材(構造材)が使用されたと推定される。
研究分担関西・経営研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047627
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat