四万十川流域の森林資源管理に関する基礎的研究(631)

四万十川流域の森林資源管理に関する基礎的研究(631)

課題番号1995004918
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題豪雨・急傾斜地域の森林管理技術の高度化
大課題環境保全的森林管理技術の向上
中課題環境資源としての森林の保全技術の向上
小課題四万十川流域の森林資源管理に関する基礎的研究(631)
摘要センサスデータを用いて四万十川流域の森林資源動態を地図上に表示させることにより、時間的・空間的変化を把握できるようにした。大正町市ノ又調査地でのリター、土砂の移動量を測定した結果、土砂の移動は尾根近くではほとんどなく、斜面、谷頭では多く、地形の影響が大きいと考えられた。また、調査地内および隣接スギ、ヒノキ人工林の渓流水質を比較した結果、林相による渓流水質の違いははっきりしなかった。むしろ、天然生林内渓流の水質変動が大きかった。大正町田野々のクヌギ林でスウィーピングによって採集された甲虫類は総個体数は4月がもっとも多く、そのほかの月は個体数に大きな違いはなかった。
研究分担四国・経営研造林研保護研林地保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat