黒腐病の発生機構の解明(666)

黒腐病の発生機構の解明(666)

課題番号1995004966
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S58〜H08
年度1995
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題温暖多雨地帯における森林生物の制御技術と利用技術の向上
中課題きのこなど特用林産物の生産技術の向上
小課題黒腐病の発生機構の解明(666)
摘要試験地を、大分県玖珠町山浦、九州支所内の人工ほだ場および立田山内ほだ場に設け、ヒポクレア・ニグリカンス、トリコデルマ属菌接種による病徴再現試験、月別害菌動向調査、月毎のほだ木重量変動および月毎のほだ木含水率変動の測定試験を行った。本年は降水量が少なかったためか、他の年に比べほだ木重量の減少および含水率の低下がめだった。月別の害菌動向調査では、散水区におけるシイタケ菌の分離頻度が全体的に低くシイタケ菌の活着が悪いようであった。しかし、10月の分離に関しては山浦試験地の下の試験区に伏せ込んだほだ木からのシイタケ菌の分離頻度が最も高かったのに比べ、上の試験区に伏せ込んだほだ木からはシイタケ菌を分離することが出来なかった。
研究分担九州・特産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047694
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat