主要樹種の環境適応性機構の多様性に関する研究(697)

主要樹種の環境適応性機構の多様性に関する研究(697)

課題番号1995005001
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関国際農研【丸山温;大角泰夫】
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題海外における森林特性の解明及び環境保全技術、持続的利用技術の開発
大課題海外における森林生態系の特性解明及び環境保全技術の開発
中課題森林生態系における生物相の保全技術の開発
小課題主要樹種の環境適応性機構の多様性に関する研究(697)
摘要マレーシア国において裸地および帯状伐採地にそれぞれ育つShorea leprosula稚樹とAcacia mangium稚樹の水蒸気拡散コンダクタンスおよび水ポテンシャルの日変化を測定し、気孔を介した水消費に関する種特性を比較した。調査地はPeraw州Chikus Forest Reserveに隣接した帯状更新試験地である。その結果、早生樹であるA. mangiumは日中の気孔閉鎖の程度が小さく、フタバガキの一種であるS. leprosulaは直達光が数時間あたるだけで気孔閉鎖することがわかった。このことは、S. leprosulaの裸地での更新不良のひとつの原因であると思われた。(1−2−5)
研究分担森林環境・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat