サイトカラシンEによるナシ白紋羽病抵抗性の早期検定(13)

サイトカラシンEによるナシ白紋羽病抵抗性の早期検定(13)

課題番号1995001208
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の遺伝様式の解明
小課題サイトカラシンEによるナシ白紋羽病抵抗性の早期検定(13)
摘要‘豊水’と豊富ナシの種子にサイトカラシンEの0.01、0.1、1.0ppmの3濃度溶液を処理し、発芽率と主根の伸長量から白紋羽病抵抗性の品種間差異を検討した。発芽率は‘豊水’ではいずれの処理濃度でも高く、豊富ナシでは低かった。主根の伸長量は、豊富ナシでは0.01ppmで対照区の1/2程度の伸張量であり、1.0ppmではさらに抑制された。‘豊水’では主根の伸長量は0.1ppmまでは対照区と差はみられなかったが1.0ppmでは著しく抑制された。‘豊水’の主根の伸長量から判断して、0.1〜1.0ppmの間で品種間差異が推定できるのではないかと思われる。
研究分担育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat