ブドウ黒とう病抵抗性の早期検定法の確立及び抵抗性の遺伝様式の解明(18)

ブドウ黒とう病抵抗性の早期検定法の確立及び抵抗性の遺伝様式の解明(18)

課題番号1995001214
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H10
年度1995
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の遺伝様式の解明
小課題ブドウ黒とう病抵抗性の早期検定法の確立及び抵抗性の遺伝様式の解明(18)
摘要黒とう病に対する抵抗性の強さに基づいて5年度に交雑した6組合せの実生を養成し、そのうちの73個体について切離葉接種法によって黒とう病抵抗性の検定を行った。その結果、幼苗の黒とう病抵抗性検定に切離葉接種法を適用できることが判明した。しかし、切離葉接種法は、生育のそろった挿し木苗の検定においては安定した結果を与えたが、実生では生育速度に大きな差があることと、反復して検定することができないことから検定結果の信頼性が低かった。したがって、幼苗検定には第1葉と第2葉の2枚の葉を供試すること、それぞれの葉位ごとに接種菌密度を検討すること、生育速度をそろえるための施肥量及び栽植間隔を検討することが必要と考えられた。
研究分担安芸津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat