リンゴ第5次育種試験(24)

リンゴ第5次育種試験(24)

課題番号1995001220
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S60〜H12
年度1995
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の育種試験
小課題リンゴ第5次育種試験(24)
摘要晩生の主要経済品種となった‘ふじ’も、東北北部では果色が思わしくなく、また、酸味が少なすぎるため、貯蔵後期における食味の低下が問題となっている。このため第5次育種試験においては、優良晩生品種の育成を主目的とし、昭和60年から‘ふじ’を含む4品種2系統の相互交雑による交雑実生を獲得し、苗木を養成中である。さらに各種遺伝形質の解析及び変異の拡大のため、追加交雑を実施し、交雑実生を養成中である。6年度は86組合せの交雑を行うとともに、養成実生をわい性台木に接ぎ木し、結実の促進を図った。調査対象個体1042のうち、6個体が注目、808個体が継続、228個体が淘汰と判定された。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047768
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat