カンキツの機能性成分産出遺伝子の解析と利用

カンキツの機能性成分産出遺伝子の解析と利用

課題番号1995001299
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H11
年度1995
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題カンキツの機能性成分産出遺伝子の解析と利用
摘要カンキツをはじめとするミカン科植物のアルカロイド、トリテルペンなどの機能性成分の産出に関連する遺伝子制御の様式を明らかにし、遺伝子操作による新機能性成分の付与をめざす。遺伝子発現の制御をより鮮明にし、代謝経路に関する情報を得るために、新規培養素材の獲得、培養系での制御と物質産出の誘導条件の解明及び遺伝子発現について明らかにし、遺伝子の単離と特性解析を行う。
研究分担興津・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat