グルカナーゼ遺伝子導入によるリンゴの菌類病抵抗性育種素材の開発

グルカナーゼ遺伝子導入によるリンゴの菌類病抵抗性育種素材の開発

課題番号1995001304
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題グルカナーゼ遺伝子導入によるリンゴの菌類病抵抗性育種素材の開発
摘要リンゴの育種においては、これまで主として交雑育種法によって果実形質の改善と病害抵抗性を含む樹体形質の改善を図ってきた。病害抵抗性の強化に関しては、抵抗性を有する栽培品種を選抜し、育種親として利用している他、野性種からの抵抗性遺伝子の導入によって数種の病害に対する複合抵抗性品種の育成に成功している。しかし、交雑育種のみによっては、幼若期間の長いリンゴの場合は、数十年単位の長期間を要し、また、抵抗性素材のない病害については育種ができない現状である。一方、近年、キチナーゼやグルカナーゼ等の溶菌酵素遺伝子を植物に導入することによって、菌類病抵抗性が増強されることが知られているため、リンゴについてもこれらの遺伝子を導入し、新しい病害抵抗性育種素材の獲得を図る。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat