ブドウのフィトアレキシン合成酵素遺伝子の構造解析と抵抗性育種への利用

ブドウのフィトアレキシン合成酵素遺伝子の構造解析と抵抗性育種への利用

課題番号1995001309
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H11
年度1995
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題ブドウのフィトアレキシン合成酵素遺伝子の構造解析と抵抗性育種への利用
摘要ブドウ栽培地帯は気候温暖で、しかも多雨多湿のため病害が発生しやすい。これら病害を防除するため、栽培地では度重なる薬剤散布が行われており、農家の健康、食品の安全性及び環境に対する悪影響が懸念されている。このようなことから、薬剤散布を必要としない抵抗性品種の育成が強く求められている。抵抗性品種を効率よく育成するためには、早期に交雑実生について耐病性の検定を行う必要がある。しかし、さまざまな理由により早期選抜は困難な状況にある。このため、病害抵抗性関連遺伝子の構造を解析し、抵抗性に特異的なプライマーを設計して、PCR法による幼苗期での抵抗性個体の選抜を可能とする。さらに、形質転換法により抵抗性品種を作出する。
研究分担安芸津・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat