果実の成熟の代謝生理機構の解明(172)

果実の成熟の代謝生理機構の解明(172)

課題番号1995001357
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間延H02〜H08
年度1995
研究問題果樹の生理・生態特性の解明による栽培管理技術の開発
大課題果樹の成熟生理及び成熟異常の要因解明と制御技術の開発
中課題果実の成熟及び品質に関与する要因の解明と制御技術の確立
小課題果実の成熟の代謝生理機構の解明(172)
摘要ヘイワードなどのキウイフルーツは自らはエチレンを発生せず、エチレンによる追熟処理によって軟化すると報告されており、キウイフルーツの成熟特性が他の果樹とは異なる可能性がある。そこで、ヘイワードと樹上軟化を生じるキウイフルーツの品種について、成熟に伴う細胞壁分解酵素並びに細胞壁構成成分の経時的変化を比較検討して成熟特性を調査した。細胞壁画分から順次水、EDTA、塩酸、水酸化カリウムによって構成成分を抽出、分画して細胞壁構成成分を調査した。その結果、収穫時期までエチレンの発生は認められず、細胞壁構成成分における品種間の差が認められた。
研究分担栽培・栽培1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047905
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat