果実の成熟要因の解明と品質の制御技術の開発(177)

果実の成熟要因の解明と品質の制御技術の開発(177)

課題番号1995001361
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題果樹の生理・生態特性の解明による栽培管理技術の開発
大課題果樹の成熟生理及び成熟異常の要因解明と制御技術の開発
中課題果実の成熟及び品質に関与する要因の解明と制御技術の確立
小課題果実の成熟要因の解明と品質の制御技術の開発(177)
摘要ABAの外生処理による果実品質への影響を検討した。温州みかんの果梗部に対し天然型ABAのペースト処理を9月6日に行い、その後の果皮、果肉中のABA含量の変化を追跡し、着色開始期以降はそれと並行して果汁の糖、酸の変化を追跡した。その結果、処理は減酸を促し着色開始期の酸は対照より低かった。しかし、着色が進むにつれその差は縮小し完全着色期には解消した。糖への影響は実験期間中みられなかった。このことは処理による果皮及び果肉中ABAの増加が処理後7日以内の短期間に過ぎなかったことが原因と考えられた。今後はより長期に果実のABAレベルを高く維持する方法を検討する必要がある。
研究分担興津・栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat