カンキツタターリーフウイルスの系統分化と抗体の作製(196)

カンキツタターリーフウイルスの系統分化と抗体の作製(196)

課題番号1995001376
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H03〜H06
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題カンキツタターリーフウイルスの系統分化と抗体の作製(196)
摘要カンキツタターリーフウイルスの各系統をキノアに接種し増殖させた。各系統のキノアでの反応には病徴の強弱が見られた。これら各系統をラスクシトレンジに戻し接種したところ、やはり病徴の強弱が見られた。今後は、さらに各系統についてカラタチ台カンキツに接木部異常を引き起こすかどうか調べる。また、各系統においてウイルスの外被タンパクをコードする遺伝子RNAに共通配列が存在する可能性が明らかになった。本研究は6年度で完了し、7年度からはプロジェクト研究「病原遺伝子」の中の「温州萎縮ウイルスグループ及びカンキツタターリーフウイルスの遺伝子機能解析」として発展させる。
研究分担興津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat