カンキツベインエネーションウイルス粒子の純化と抗体作製(198)

カンキツベインエネーションウイルス粒子の純化と抗体作製(198)

課題番号1995001379
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題カンキツベインエネーションウイルス粒子の純化と抗体作製(198)
摘要カンキツベインエネーションウイルス感染ユズ及びシトロン組織より二本鎖RNAの抽出を常法に従って行い、12%ポリアクリルアミド電気泳動後、銀染色により検出を試みた。その結果、RNAウイルス特有のバンドは検出されなかった。したがって、カンキツベインエネーションウイルスはDNAウイルスである可能性が高いと考えられた。本ウイルスと考えられる粒子は直径約18〜20nmの小球形粒子であるが、このサイズのDNAウイルスはbanana bunchy top virusなどがあり、ウイルス間で比較的良く保存されているので、7年度はこの部分をプライマーとしたPCR法でカンキツベインエネーションウイルス遺伝子の増幅を行う予定である。
研究分担興津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047927
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat