ナシ果実異常症状の病原の単離・同定(203)

ナシ果実異常症状の病原の単離・同定(203)

課題番号1995001385
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間延H01〜H09
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題ナシ果実異常症状の病原の単離・同定(203)
摘要品種「新高」、「吉野」の果実面に凹凸を生じた樹よりリンゴさび果ウイロイド(ASSVd)に類似するウイロイドを検出した。そこで、日本産リンゴ由来の ASSVdの塩基配列からプライマーを合成し、果実異常発症ナシ樹より抽出した核酸からRT−PCRをし、電気泳動を行ったところ、想定した分子領域に泳動されるバンドが検出された。このバンドからds−cDNAを抽出し、塩基配列を解析した結果、橋本らが決定したASSVdの塩基配列と比較して、塩基の欠損、付加、置換が各1ヶ所ずつあり、そのうち、塩基付加はPuchtaらが決定した中国産のASSVdの塩基配列と同一であった。以上から、ニホンナシ果実異常発症樹から見い出されたウイロイドはASSVdの1系統と判明した。
研究分担保護・病害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat