リンゴ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(212)

リンゴ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(212)

課題番号1995001396
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H07
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原菌の分類・同定
小課題リンゴ輪紋病菌の類縁関係と発病機構の解明(212)
摘要枝幹にいぼ病斑及び胴枯様病斑を形成するリンゴ輪紋病菌の系統分類を試みる目的で5年度、酵素のバンドが検出されなかったアルコール脱水素酵素(ADH)、エステラーゼ(EST)、パーオキシダーゼ(POD)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)について条件を変えてバンドの検出を試みた。この結果、4種類の酵素すべてのバンドが検出されたが菌株間で差はみられなかった。5年度の結果と合わせると、8種類の酵素で菌株間に差がみられなかった。一方、輪紋病菌の代謝産物を調べる目的で培養ろ液の有機溶媒抽出物をリンゴ切枝に処理したが、処理枝に病斑と同様な症状は起きなかった。
研究分担盛岡・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047944
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat