「不知火」に発生した果頂腐敗症の原因の解明

「不知火」に発生した果頂腐敗症の原因の解明

課題番号1995001397
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H08
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原菌の分類・同定
小課題「不知火」に発生した果頂腐敗症の原因の解明
摘要6年、熊本県の農家圃場において、カンキツ品種‘不知火’幼果が果頂部から黄化するとともに腐敗する障害が発生した。本障害は摘果以降に発生するため、果実の生産に重大な被害を与えるものと考えられた。そこで、当研究室では、本障害の原因を解明するとともに、対策法の検討を行うこととした。7年度は、本障害発生圃場における実態及び圃場より採集した本症状を示す果実を観察するとともに、病原体の分離を試みる。また、分離した病原体を‘不知火’及び他の数種のカンキツ品種の幼果に接種し、病徴が再現されるかどうか検討する。病徴が再現された場合は、病原体の同定を行う。
研究分担口之津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047945
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat