モモ褐さび病の伝染経路の解明(217)

モモ褐さび病の伝染経路の解明(217)

課題番号1995001399
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間止H06〜H06
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の発生生態の解明
中課題果樹の病原菌のほ場動態の解明
小課題モモ褐さび病の伝染経路の解明(217)
摘要モモ褐さび病菌は準寄生菌の1種で人工培養不能の種である。6年は高温小雨の条件が長期間続いたため、常発地においても本病の発生が認められず、供試用の夏胞子が得られなかったため、試験が実施できなかった。本病の発生条件が不安定であるうえに常発地が中・四国地方と遠方であるため、公立場所から依頼されたものの試験遂行が困難であり、本課題の継続を中止とする。
研究分担保護・病害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047947
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat