カンキツグリーニング病の発生分布調査

カンキツグリーニング病の発生分布調査

課題番号1995001402
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の発生生態の解明
中課題果樹の病原菌のほ場動態の解明
小課題カンキツグリーニング病の発生分布調査
摘要6年12月1日から3日にかけて、石垣島及び沖縄島のカンキツ栽培樹についてカンキツグリーニング病の発生実態調査を行った。その結果、両島において葉の黄化、小型化及び亜鉛欠乏類似症状、また沖縄島ではそれら症状に加え果実に斑紋状の緑斑が生じた樹が観察される等、グリーニング病の症状と類似した樹が見られた。これらの樹がグリーニング病病原体を保毒しているかどうかを確認するため、被検定樹を接ぎ木したポンカンにグリーニング病症状が現れるかどうか生物検定を実施したが、現在まで発病には至らず、さらに継続して観察する必要がある。
研究分担口之津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047950
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat