リンゴ、カンキツウイロイド病抵抗性素材の開発(224)

リンゴ、カンキツウイロイド病抵抗性素材の開発(224)

課題番号1995001405
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題抵抗性の機構解明による果樹病害の防除法の確立
中課題細胞工学的手法による抵抗性個体作出に関与する技術の開発
小課題リンゴ、カンキツウイロイド病抵抗性素材の開発(224)
摘要ウイロイドに抵抗性を発現するアンチセンスRNA遺伝子を植物体に導入するためのベクタープラスミドの構築を行った。リンゴさび果ウイロイド(ASSVd)のcDNA(相補的DNA)の一部を用い、(1)バイナリーベクターのpBI121のGusgene部にASSVdのアンチセンスRNA遺伝子を組み込んだ、(2)RNA合成効率を高めるために、CaMV35Sプロモーター近傍にそのエンハンサー部分の7反復、ファゼオリンの遺伝子のイントロン1の配列を組み込んだ、2種のプラスミドを構築した。これらのプラスミドを含む大腸菌HB101よりプラスミドを調整後、制限酵素切断処理し、その切断断片のサイズ比較から目的の遺伝子が導入されていることを確認した。
研究分担盛岡・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047953
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat