カンキツ糸状菌病に対する生物的防除の可能性の検討(238)

カンキツ糸状菌病に対する生物的防除の可能性の検討(238)

課題番号1995001419
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題薬剤による果樹難防除病害防除法の確立
中課題難防除病害に対する防除薬剤の探索及び薬剤の作用機作の解明
小課題カンキツ糸状菌病に対する生物的防除の可能性の検討(238)
摘要灰色かび病菌に対してPDA培地上での対峙培養で強い拮抗作用を示したBacillus subtilis菌を、開花期〜落弁期に3回散布処理したところ、少発生下の条件であったが、対照薬剤のロブラール水和剤1500倍とほぼ同等の防除効果が見られた。多発生条件での効果を確認する必要がある。
研究分担興津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047967
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat