クリタマバチ寄生蜂Torymus属の系統間・種間関係の解明と同定法の確立(241)

クリタマバチ寄生蜂Torymus属の系統間・種間関係の解明と同定法の確立(241)

課題番号1995001422
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫の分類及び同定並びに種内分化の解明
中課題果樹害虫の近似種の分類及び同定並びに簡易同定法の確立
小課題クリタマバチ寄生蜂Torymus属の系統間・種間関係の解明と同定法の確立(241)
摘要クリタマバチの生物防除のために中国大陸から導入された天敵寄生蜂チュウゴクオナガコバチ(SS)と土着天敵クリマモリオナガコバチ(BE:早期発生型、BL:後期発生型)は外部形態による識別がきわめて困難である。そこで外部形態の微細構造を再検討するとともに、生化学的手法を導入して両者の識別方法を確立する。1)SS、BE、BLは雄、雌ともこれまでの産卵管鞘長、触角の長さ、単眼間の距離等の特徴に加え、後胸背板の溝の長さ、側片溝の幅、縁紋の形態、端刺毛の長さ、後前縁脈と枝脈の間の刺毛の数、前縁脈と翅の表面の刺毛の間隔などの形態的特徴の組合せで区別出来る。2)マリックエンザイムの電気泳動像ではBEはFバンドを持ち、BLとSSではSバンドを持つ。BEとSS、BEとBLの判別はできるが、BLとSSとの判別はできない。3)BEとSSとの交雑種(雌)についてはマリックエンザイムによって判定できたが、BLとSSとの交雑種についてはできなかった。4)プライマ−PPB−15を用いたRAPD−PCR法によりSS、BE、BLの雌成虫を相互に区別することができる。5)交雑種の雌についてはすでに産卵管が中間的な長さとなることが確認されているが、雄では後胸背板の溝、縁紋の形態でも区別は判然としなかった。この結果はすでに学会などで発表し、チュウゴクオナガコバチ放飼事業の中で活用されている。
研究分担安芸津保護・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047970
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat