昆虫生産ワックスの探索と特性解明(249)

昆虫生産ワックスの探索と特性解明(249)

課題番号1995001433
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H05〜H11
年度1995
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫の生理的諸特性及び行動の解明
中課題果樹害虫の生理的特性及び行動の変異とそれが個体群に及ぼす影響の解明
小課題昆虫生産ワックスの探索と特性解明(249)
摘要カンキツ寄生性カイガラムシの中から、大量飼育が可能な3種のコナカイガラムシと大量採集が可能なツノロウムシのワックスを採集し、ワックス収率と構成成分の分析を行った。その結果、カボチャで大量飼育したコナカイガラムシの中ではミカンヒメコナカイガラムシのワックスの収率が最も高かった。大量飼育したコナカイガラムシのワックスでは炭素数が41〜58であり、奇数のエステルの組成割合が高かった。一方、ツノロウムシのワックスの構成成分は炭素数が44から56の偶数のエステルの割合が高かった。ツノロウムシのワックスの1g当り費用は最も低かったが、ワックス中に水分が含まれていたため正確な収率は求められなかった。
研究分担興津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047981
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat