カンキツ加害性アブラムシの天敵類の生活史の解明と増殖技術の確立

カンキツ加害性アブラムシの天敵類の生活史の解明と増殖技術の確立

課題番号1995001446
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫に対する天敵生物利用技術の確立
中課題天敵生物による果樹害虫の防除技術の開発と体系化
小課題カンキツ加害性アブラムシの天敵類の生活史の解明と増殖技術の確立
摘要カンキツ加害性アブラムシには薬剤抵抗性の発達した種が含まれており、総合防除法の確立が必要とされている。アブラムシには在来天敵が多いが、自然状態ではそれらが有効に機能している例は少ない。これは、カンキツ園におけるアブラムシの発生が新梢の有無に依存して断続的となるため、天敵類のフェノロジーがそれによく対応しないためと考えられる。そこで、まず主な天敵の室内飼育を試み、越冬生態などの生活史を中心に生態的諸特性を調査する(7〜8年)。その結果をもとに、アブラムシと天敵の生活史の同調性を高めて天敵の効果を助長する技術を考案する(8〜9年)。また、天敵の周期的な放飼を前提とした簡易増殖技術の確立をめざす(9年)。
研究分担口之津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat