果実の品質構成要因の解明と評価法の開発

果実の品質構成要因の解明と評価法の開発

課題番号1995001456
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H07〜H11
年度1995
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の加工適性判定のための諸形質の解明と利用法の開発
中課題果実の加工適性構成要因の解明と評価法の確立
小課題果実の品質構成要因の解明と評価法の開発
摘要果実の輸入自由化に伴う国際競争力の確保のために、国産果実の高品質化や高付加価値化が求められている。しかし、これまでの高品質の要件としては、糖や酸の含量のみが強調されていたため、それ以外の品質構成要素に関してはいまだに不明な点が多い。そこで、渋味や苦味などの呈味成分やテクスチャーに関与する成分について分析法を開発し、果実内における挙動や果実品質に与える影響を明らかにする。さらに、簡易的な評価法を確立することにより、高品質果実の生産や育成に寄与する。またこれらの成分の中には、生体調節機能を持つものが含まれると考えられており、新需要の創出のための素材開発の一助とする。
研究分担育種・加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat