モモのポリガラクチュロナーゼのDNAプロープを用いた果実肉質評価の早期選抜システムの開発(287)

モモのポリガラクチュロナーゼのDNAプロープを用いた果実肉質評価の早期選抜システムの開発(287)

課題番号1995001468
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H02〜H06
年度1995
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の生理機能発現機構の解明とその応用技術の確立
中課題果実品質の生理機能発現要因の解明と制御技術の開発
小課題モモのポリガラクチュロナーゼのDNAプロープを用いた果実肉質評価の早期選抜システムの開発(287)
摘要モモの日持性の改善は重要な育種目標の1つである。しかし、育種現場で日持性を検討するためには初結実後、数年を要する。この点を改善するために本研究では遺伝子マーカーを用いた早期選抜システムを開発し、育種の効率化を図るとともに他樹種の主要形質に関する早期選抜マーカー開発の一助とする。モモ果肉からcDNAライブラリーを構築し、スクリーニング用プローブを作成した。このプローブについてシークエンスを行ない‘あかつき’のポリガラクチュロナーゼ遺伝子を選抜した。しかし、このプローブは日持性を評価するには不適当であった。そこで、果実の日持性と相関を示す遺伝子配列を検討したところプローブp1が見出された。当初に計画したポリガラクチュロナーゼ遺伝子による判定はできなかったが、それに代る遺伝子マーカーの単離に成功した。
研究分担育種・育種4研加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048016
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat