カンキツ類のアクリドン等の新機能資源の探索・評価(292)

カンキツ類のアクリドン等の新機能資源の探索・評価(292)

課題番号1995001472
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H09
年度1995
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の生理機能発現機構の解明とその応用技術の確立
中課題果実の高機能性成分の素材化技術の開発
小課題カンキツ類のアクリドン等の新機能資源の探索・評価(292)
摘要カンキツ類から得られるアクリドン・クマリン類の生理活性やその利用用途を明らかにするため、人の健康に関わる生理活性への影響について検討を行っている。6年度は15種類のアクリドンについてヒト繊維芽細胞の増殖促進(抑制)効果、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、チロシナーゼ阻害活性を調査した。前2者に対しては15種類の中に強い活性を持つものはなかった。チロシナーゼについてはシトプレシンが強い阻害活性を示し、阻害タイプはきっ抗型であった。
研究分担興津・加工貯蔵研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat