ニシンの成熟及び産卵生態の解明(15)

ニシンの成熟及び産卵生態の解明(15)

課題番号1995005033
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
他機関中央水研
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題亜寒帯海域における水産資源の培養および持続的利用技術の確立
大課題水産資源の持続的利用のための管理手法の開発
中課題主要漁業資源の生物特性と変動機構の解明
小課題ニシンの成熟及び産卵生態の解明(15)
摘要初回成熟ニシンの生殖腺指数(GSI=生殖腺重量÷体重×100)を調べた結果、GSIは雌雄共に7〜9月にかけてはゆるやかな増加を示し、以後、急激に増加して12月には雄14%、雌10%に達した。ニシンの産卵期が4月であり、産卵期にもGSIは雌雄共に20%未満であることを考えると、本種の生殖腺の発達開始時期は極めて早いと推測された。従って、本種の生殖腺は冬季の水温低下以前に著しい発達をとげ、冬季には休止ないしはゆるやかな発達をすると考えられた。このことは、ニシンの成熟が水温の影響を強く受ける可能性を示唆すると共に、産卵には春季の水温上昇または/および長日光周期が必要であると予察させた。
研究分担資源管理・浮魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat