亜寒帯産底棲性フクロエビ類の生産生態

亜寒帯産底棲性フクロエビ類の生産生態

課題番号1995005056
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題亜寒帯海域における水産資源の培養および持続的利用技術の確立
大課題海域特性に調和した増養殖生産技術の開発
中課題水産生物の培養・管理技術の開発
小課題亜寒帯産底棲性フクロエビ類の生産生態
摘要フクロエビ類は我が国沿岸水域において生物量がきわめて大きな動物群のひとつであり、沿岸域の生物生産過程において重要な役割を果たしていることが推測される。この動物群の種類は極めて多く、その生態も多様であり、水域・棲息場所により棲息する種類も異なることから、水域の生物生産との関係も多種多様なものであると考えられる。そこで本課題においては北海道沿岸浅海域の底棲性フクロエビ類のうち多産する種類について野外調査と実験飼育とを併せて行い、摂餌生態・繁殖生態および生産・再生産等にかかわる特性、他生物との関係などを明らかにし亜寒帯沿岸水域の生物生産機構におけるフクロエビ類の役割を解明する。
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat