水田の圃場整備に伴う換地方式と農地利用方式の解明(10)

水田の圃場整備に伴う換地方式と農地利用方式の解明(10)

課題番号1995002542
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題多雪地農業・農村の発展のための基盤的方策の構築
大課題北陸地域における農業・農村の発展方式の確立
中課題農業・農村活性化のための計画手法の開発
小課題水田の圃場整備に伴う換地方式と農地利用方式の解明(10)
摘要近年の圃場整備地区では、ハードの整備と並行し特定の担い手への農地集団化が行われることが多い。そこで近年の整備地区を、農地集団化の難易と担い手の存在状況を軸に概念的に類型化した。農地集団化の難易の規定要因として1)圃場間の転用価格格差、2)圃場間の農業収益力格差、を取り上げ、I:1)2)ともに小さく農地集団化が容易、2:1)が大きく農地集団化が困難、3:2)が大きく農地集団化が困難、の3タイプに駸・爐靴拭・気蕕肪瓦ぜ蠅陵■気砲茲蟶拔菠・掘∩澗里韮粁犒燭箸靴拭・海里Δ腺砧犒燭了・稍敢困鮃圓ぁ・醒禄乎腸淑・阿斑瓦ぜ蠏狙・悗亮茲蠢箸澆瞭団Г魏鯡世靴拭・衢■呂僚乎腸修・て颪蔑犒燭任蓮⇒・儻△慮魎絞・腓砲茲蟾舁・・陛效詫・僂鮨泙詢磴盡・蕕譴拭・
研究分担地域基盤・地域計画研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat