主要作物の病原菌レース生成機構の解明(83)

主要作物の病原菌レース生成機構の解明(83)

課題番号1995002590
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題高品質米の高能率・低コスト生産のための革新的稲作技術の開発
大課題水稲生産環境の機能解明と環境保全型制御技術の開発
中課題水稲病害の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題主要作物の病原菌レース生成機構の解明(83)
摘要北陸、近畿地方におけるいもち病菌レースを調査した。北陸地方においては10種類のいもち病菌レースが分離された。このうちレース001と003の分布率が高く、それぞれ36%と25%を占めていた。この他では、抵抗性遺伝子Pi−zをもつ品種能登ひかりが作付けされている石川県でレース041が24%、Pi−zとPi−iをもつハナエチゼンが作付けされている福井県でレース047が15%分離された。近畿地方においては12種類のレースが分離されたが、もっとも分布率の高いのは007であり、17%を占めていた。次いでレース001、005、003、037の順に分布率が高かった。近畿地方においては抵抗性遺伝子Pi−iまたはPi−aとPi−iをもつ品種がいずれの県においても14〜27%作付けされており、このことがレース005や007の分布率を高めていると推察された。
研究分担水田利用・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048139
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat