地域生産飼料利用による家畜排泄物量の制御技術の開発(107)

地域生産飼料利用による家畜排泄物量の制御技術の開発(107)

課題番号1995002664
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H06〜H11
年度1995
研究問題多雪地における克雪技術の開発と耕地の高度利用技術の確立
大課題多雪地における低コスト家畜飼養管理技術の開発
中課題地域生産飼料資源の高度利用による家畜飼養技術の開発
小課題地域生産飼料利用による家畜排泄物量の制御技術の開発(107)
摘要日本在来種山羊に市販配合飼料をNRC飼養標準の維持要求量の40%量を給与し、さらに4頭ずつにトウモロコシサイレージ、稲ホールクロップサイレージ、イタリアンライグラス乾草および稲わらを残食が出るように給与し、ふんと尿の排泄量を測定した。飼料中の繊維成分の消化率とふん乾物排泄量との間には有意な負の相関が認められ、またTDN含量が多く、消化率の高いトウモロコシサイレージやイタリアンライグラス乾草の給与により乾物摂取量は多くなるが、ふん乾物排泄量は減少した。しかしそれらの飼料の給与により水分の多いふんを排泄し、尿量も多くなる傾向が認められた。
研究分担水田利用・家畜飼養研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048213
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat