ブラジルにおける畜産の開発・研究

ブラジルにおける畜産の開発・研究

課題番号1995003884
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明並びに情報システムの開発
大課題農林水産業の地域特性及び技術開発方向の解明
中課題ラテンアメリカ地域の農林水産業の特性及びその技術開発方向の解明
小課題ブラジルにおける畜産の開発・研究
摘要ブラジルの農牧業は、21世紀の世界の食料需給に多大な貢献をなすことが期待されている。しかし、このためには、現行の資源収奪型で環境破壊的な前近代的形態の農牧業から、高位安定型で持続的な農牧業への変革が不可欠である。6年度においては、国際農林水産業研究センター(JIRCAS)がブラジルで可能な総合型プロジェクトに関して、企画・遂行のために必要な農業と農業研究事情に係わる情報収集と協議を実施した。その結果、プロジェクト課題としては「牧草・作物輪換土地利用システムの確立と導入に関する研究」をとりあげること、試験地としてはJIRCASが20年以上の共同研究の実績をもつブラジル中南部を選択すること、また研究の共同はブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)とその傘下の研究機関と行うことなどが、最も重要かつ合理的であると考えられた。
研究分担海外情報・国際情報官
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat