コナガの発生消長とその防除技術の開発(63)

コナガの発生消長とその防除技術の開発(63)

課題番号1995003927
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関タイ農業局【テイワラット・カインニークス】
研究期間完H03〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農作物加害生物の生態解明と防除技術の開発・改善
中課題有害動物の生態解明と防除技術の開発
小課題コナガの発生消長とその防除技術の開発(63)
摘要フェロモントラップを設置し、5〜6年の2年間にかけて、毎週、誘殺虫数とその前翅長の季節変異を調査した。コナガは雨季、乾季ともに発生密度が高く、常に増殖ポテンシアルは高く維持されていた。誘殺虫の前翅長は小型で、年間を通じて一定していた。国内各地の圃場からコナガを採集し、薬剤感受性を検定した。薬剤感受性は以外にも高く、2、3の薬剤を除き抵抗性の発達は認められなかった。最近、コナガ防除薬剤は得異な作用性を有するB.T.剤とアバメクチンに切り替わり、既存の薬剤に対する淘汰圧が低下したため、薬剤感受性が一時的に復元したものと結論した。
研究分担生産利用(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048265
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat