農作物の広域難防除害虫カメムシ類に関する調査

農作物の広域難防除害虫カメムシ類に関する調査

課題番号1995003932
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関農研セ【持田作】
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題農作物加害生物の生態解明と防除技術の開発・改善
中課題有害動物の生態解明と防除技術の開発
小課題農作物の広域難防除害虫カメムシ類に関する調査
摘要タイのバンコック経由でラオス、ヴェトナムに入国し、それぞれ7、21日間滞在して作物(主として水稲・大豆・緑豆)圃場から、6種のカメムシ類を採集した。そのうち5種(ミナミアオカメムシ、アカギカメムシ、ホソハリカメムシ、ヒメハリカメムシ、タイワンクモヘリカメムシ)は日本と共通種であった。ミナミアオカメムシは豆類に、タイワンクモヘイリカメムシは稲に大害を与える害虫である。特に後者は中距離移動・夏眠(盛夏)と冬眠(12〜2月)の集団行動など生理生態学的に不明点が多く、稲への加害も大きいことから、東南アジア諸国研究者の関心も極めて高い。従ってタイワンクモヘリカメムシは共同研究の対象として高いプライオリティがあると考えられた。
研究分担生産利用(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048270
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat