択伐による土壌撹乱の定量化

択伐による土壌撹乱の定量化

課題番号1995003961
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関マレイシア森林研究所【Azman Hassan】
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題森林の育成・管理・利用技術の開発・改善
中課題荒廃二次林の回復・育林技術の開発
小課題択伐による土壌撹乱の定量化
摘要マレイシア、セランゴール州セマンコックにあるフタバガキ科(樹種名 Shorea Curticii)が優占する林分に試験地を設定し、択伐による土壌撹乱を理化学性から検討した。4haの試験地のうち1haをカバーする100点で土壌調査および試料採集し、分析を行った。択伐による影響は主に伐採した樹木を搬出するために設けられた作業道上で顕著に認められた。すなわち、地表面の土壌の露出度の増加、土壌表面硬度の上昇および透水性の低下など、特に物理性への影響が顕著であった。また植生の回復上もこれら撹乱地では優占種Shorea Curticiiは認められず、先駆種のMacaranga spp.やMattoutusspp.しか出現せず、土壌の撹乱による土壌物理性の悪化が影響していることがわかった。
研究分担林業(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat