山地多雨林、シイ、カシ類の結実と発芽特性の解析

山地多雨林、シイ、カシ類の結実と発芽特性の解析

課題番号1995003964
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関フィリピン大学林学部;森林総研【大住克博;Rodel Lasco】
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における農林水産物の持続的生産技術の開発・改善
大課題森林の育成・管理・利用技術の開発・改善
中課題地域複合林業生産システムの開発
小課題山地多雨林、シイ、カシ類の結実と発芽特性の解析
摘要近年温帯野菜の栽培によって開発が進むルソン島の山地帯にはシイ・カシを主とする照葉樹林が優占する。開発による森林劣化に対処するために地帯の森林の更新研究を行っている。今回は北部のコルディエラ山地において、マテバシイ属を中心とする山地多雨林に0.5haの固定試験地を設定し、林分構造を調査すると共に、林内において種子の散布量とメバエの発生量を調査した。試験地の上層を構成する林木の樹高はバラツキが大きく、パッチ構造は明確ではなかった。過去1年間のマテバシイ属の種子落下量は4.9個/m2・年で、その内約 60%が健全種子であった。しかし、当年生のメバエは一つも生存しておらず、タネからメバエの間の死亡率が高いものと考えられた。
研究分担林業(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat