エンドファイトの人工接種による耐病虫性作物の作出

エンドファイトの人工接種による耐病虫性作物の作出

課題番号1995004007
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関草地試【古賀博則】
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における生物資源の保全及び生物機能の解明と利用技術の開発
大課題生物機能及び生物間相互作用の解明と利用
中課題生物間相互作用の解明と利用
小課題エンドファイトの人工接種による耐病虫性作物の作出
摘要コロンビア国にある国際熱帯農業研究センター(CIAT)のカリマグア試験地におけるサバンナ自生植物について、エンドファイトの感染の有無を検討した。その結果、AndropogonおよびPanicum属の植物から2種のエンドファイトを見いだすことができた。その一つは、Andropogon bicornisの葉上に認められ、エンドファイトは葉身の背軸(裏面)に暗褐色〜黒色の子座を形成していた。子座、子のう殻および子のうなどの形状から、このエンドファイトは Balansia henningsiana(Moell.) Diehlと同定された。もう一つは、Panicum campestreの茎節直下に灰白色〜黒色のリング状の子座を形成するもので、Balansia subnodosa Atk. ap. Chardonと同定された。この成果は7年度日本植物病理学会で講演し、Plant Disease誌に投稿した。
研究分担畜産草地(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048345
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat