稲遺伝資源の評価と利用技術の開発(134)

稲遺伝資源の評価と利用技術の開発(134)

課題番号1995004008
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関雲南省農業科学院;中国農試;農研セ;北海道立上川農試【丹野久;林長生;松岡誠;蒋志農;李家瑞】
研究期間継H04〜H08
年度1995
研究問題開発途上地域における生物資源の保全及び生物機能の解明と利用技術の開発
大課題生物資源の有効利用技術の開発
中課題稲類遺伝資源の特性評価と育種利用
小課題稲遺伝資源の評価と利用技術の開発(134)
摘要中国雲南省中部から中北部地域に適する耐冷・耐病・良質・多収品種の育成とそのための稲遺伝資源の評価を行った。合系34号と合系35号が雲南省政府の行う登録品種決定試験(中北部区域試験)で優秀な成績を収めた。耐冷性稲遺伝資源の評価のため、葯長の環境変動に関する試験を行った。ミャンマー国境付近で収集された稲遺伝資源の中に高度耐冷性系統があった。雲南省地域で発生しているウイルス病(稲縞葉枯病)に対する育成系統の抵抗性の評価とその遺伝様式を調査した。微生物遺伝資源として稲いもち病菌、稲白葉枯病細菌及び稲縞葉枯病ウイルスを収集し、その遺伝変異を検討した。雲南在来稲品種のプロトプラスト培養を行った。
研究分担生産利用生物資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048346
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat