コムギ遺伝資源の赤かび病抵抗性の評価

コムギ遺伝資源の赤かび病抵抗性の評価

課題番号1995004023
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関九州農試【坂智広】
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題開発途上地域における生物資源の保全及び生物機能の解明と利用技術の開発
大課題生物資源の有効利用技術の開発
中課題畑作物遺伝資源の特性評価と育種利用
小課題コムギ遺伝資源の赤かび病抵抗性の評価
摘要麦類の赤かび病は東アジアの稲・麦二毛作地帯をはじめ、北・南米及び東欧諸国の麦作地域において、収量低下や赤かび毒による品質低下など麦類の持続的生産を阻害する重要病害である。これには抵抗性品種に期待するところが大きく、メキシコにある国際トウモロコシ・コムギ改良センター(CIMMYT)と協力して育種技術の開発を進めることが重要と考えられる。そのためCIMMYTにおいて育種素材となる小麦遺伝資源の赤かび病抵抗性の評価を行うとともに、双方の遺伝資源の多所的検定、抵抗性育種の現状調査及び意見交換を行った。これにより、有用な遺伝資源が探索され赤かび病抵抗性育種の協力体制の確立が期待される。
研究分担生物資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048361
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat