乾燥農業限界地域の蒸発散量の評価(165)

乾燥農業限界地域の蒸発散量の評価(165)

課題番号1995004034
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関北農試【城岡竜一】
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題開発途上地域における環境資源の利用・保全技術の開発・改善と地球環境保全機能の解明
大課題乾燥地における環境資源の利用・保全技術の開発
中課題気象の特性、気象改良及び防風効果の解明と農業利用
小課題乾燥農業限界地域の蒸発散量の評価(165)
摘要中国新疆の烏魯木斉市から約100km北に位置する阜康荒市は乾燥気候にあるが、天山山脈の雪解け水を利用した潅漑農業(湛水潅漑)が、広く行われている。ワタ圃場を対象として、潅漑をはさんだ時期の蒸散および蒸発散の推移を、それぞれ茎熱収支法および熱収支ボーエン比法で測定した。潅漑前は蒸散と蒸発散はほぼ等しく、純放射の7割程度であった。潅漑後約一週間は、蒸発散が蒸散を上回り、作物生産に関与しない地表面からの蒸発が活発であった。太陽南中時をはさんだ数時間には、蒸発散が純放射の値を超え、移流効果が認められた。潅漑後一週間を経過すると蒸散および蒸発散は潅漑前のレベルに戻り、地表面からの蒸発は見られなくなった。
研究分担環境資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat