キマメを主体にした間作の地力維持効果

キマメを主体にした間作の地力維持効果

課題番号1995004052
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
他機関国際半乾燥地熱帯作物研究所【J.J.Adu−Gyamfi】
研究期間新H07〜H08
年度1995
研究問題開発途上地域における環境資源の利用・保全技術の開発・改善と地球環境保全機能の解明
大課題耕地生態系における物質循環と環境保全技術の開発
中課題地力の維持向上と土壌管理技術
小課題キマメを主体にした間作の地力維持効果
摘要半乾燥熱帯では日照りによる被害を分散させるために、主要穀物であるソルガムやトウジンビエは換金性の高いキマメと間作されることが多い。キマメを主体にした間作は、これ以外にもその深根性に起因する養水分利用性の向上や空中窒素固定による土壌中への窒素付加機能などが期待される。そこで過去3年間連続して間作が行われてきた圃場を用い、間作が後作に及ぼす影響をおもに土壌−作物系内の窒素バランスの観点から考察し、間作の地力維持における役割を検証する。
研究分担環境資源生物資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048390
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat